大豆胚芽パワーで今日も明日も元気!サプリでイソフラボンを摂取

色々な食材を試す

血

なるべく多くの食材を知る

血糖値を示す指標に用いられるヘモグロビンa1cは、基準値より高いと糖尿病が疑われます。健康診断などでヘモグロビンa1cが高いといわれた場合、初めてであればまずは食生活の見直しなど生活習慣の改善が指示されるケースがほとんどです。ヘモグロビンa1cを下げるためには体の中から改善させる必要があります。まずは脂っこい食事や糖質の多い食事を控えるようにしましょう。そしてヘモグロビンa1cを下げるような食材を一つでも多く知っておくと良いでしょう。何故なら一つや二つの食材だけを繰り返し食べていると飽きてくるし、食事療法が長続きしないからです。ヘモグロビンa1cを下げる働きをする食材は、野菜や大豆製品、キノコや海藻類など色々あります。これらを組み合わせて、息の長い食事療法を続けましょう。

食材として

ヘモグロビンa1cを下げるためには、食事の見直しは必須です。できるだけ多くの食材を知ることが大切ですが、それらを組み合わせれば飽きずに長続きできるからです。例えば緑黄色野菜でもカボチャやイモ類は糖質が多いので、ホウレンソウやトマトなどを摂るようにすると良いです。また大豆製品でも納豆であれば、ビタミンB2や食物繊維、レシチンなどが豊富に含まれていてヘモグロビンa1cを下げる方向に働きます。また豆腐も高たんぱく低脂肪食材なので、積極的に摂りたい食材です。またキノコや海藻類も食物繊維やミネラル豊富な食材なので、主食を食べる前に摂取すると血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。ここに挙げたのは一例ですが、このような食材をバランス良く摂取することが、ヘモグロビンa1c低下につながってきます。